Posted 24 Jun, 2020

Peugeot 508SW

フットワーク

ステアリングを切り込んでクルマの向きを変え、さらに旋回に持ち込んで行くときのクルマ全体の動き、姿勢の変化(向き変えとロールの両方)についても、このSWはセダンと大きなキャラクターの変化を見せない。たしかに、向き変えの最初のきっかけのところで少しだけ動きが出にくい感触が一瞬だけあるが、そこからはステアリングの切り込みに応じてフロントが入って行き、そこからリアにも横運動とロールがうまくつながって発生し、一定円を描く旋回にきれいに入っていく。ここでリアのコーナリングフォースの立ち上がりはセダンより若干早く現れる印象だが、それがヨーの立ち上がりを邪魔しない、というタイミングに仕込まれている。

さらにその先では、まず定常円旋回は「できて当たり前」という表情を見せながら落ち着いた動きを見せ、そこからステアリングを少しだけ切り込む動きに対しては、フロントが柔らかく内側に向きを変えつつ、リアのコーナリングフォースの存在、ヨーの増加とそれに伴う車体横すべり角の増加に応じたCF増加は感じるが、それが強すぎずにヨーイングを維持し、しかし重いリア側の安定感は損なわれない…という前後バランスで、それぞれが路面をとらえた感触を維持したままスルッと回り込んで行く。

image

ここのところの動きは、ワゴンボディとしてはなかなかのものである。セダンよりも後輪から後ろが重いことが、逆にこのヨーレートの現れ方には効いてくる、というポジティブなセッティングである。「後ろにある重量物」が触れ回る動きさえうまく押さえられれば、こういう味付けもあり得る、ということである。

このクルマを走らせていて出会う状況のほとんどにおいて、このダイナミクスは「気持ち良い走り」に直結するはず。そう思う。そこまでを味わうには、向き変えから定常円旋回、バランス・スロットル状態の中での一定舵保持、その中で前後のタイヤのグリップ・バランスを感じ取る、というドライビングスキルを身に付けているか、そこを目指していることが前提にはなるのだけれども。

image

前半で述べた、タイヤの「張り」を強く伝えてくる乗り心地感触からすれば、日本市場における508SWの選択としては、235/45ZR18を履くGT/GT Lineよりもむしろ、215/55R17サイズのタイヤを装着するAllureのほうが好ましいのではないかと思われる。この仕様についてもいずれ折を見て味見をしようと考えている。

※試乗車両のタイヤは、ミシュラン・パイロットスポーツ4

WORD : 両角岳彦