Posted 24 Jun, 2020

Peugeot 508SW

■2.0d GT
ライド・フィール ~ セダンとの比較から

今回の試乗車は、日本向け上級グレードのGTで、ガラスサンルーフ装着、それも開口面積がかなり大きく、ウィンドシールド上縁後方から後席近くまで広がっている。もともと車体後半部に隔壁がなく剛性低下しやすいワゴンボディとの組み合わせにおいては、私個人としては積極的に選ばないパッケージではある。

どうしても同じ508のセダンとの比較になるのだが、クルマを引き取って転がし始めたところから、とくにフロントタイヤまわりから伝わってくる少し尖った感触の雑振動が多い、というのが第一印象。ただし少し速度が乗って、例えば都市圏の幹線道路を走り始めてしまうと、508セダンで味わった、かつてのフランス車らしさを取り戻した印象のしなやかさ、たおやかさが前面に出てくる。

image

ここでセダンとこのSWのもっとも大きな違いは、タイヤが路面の凹凸を踏んだときに発生する、路面衝撃を伴う振動が、車体へと伝わってくる時。フロントタイヤが路面の凹凸に叩かれた衝撃、ベルトとその下のタイヤのケースのトレッド基部が周方向に少し突っ張る感触、少し高い周波数でブルブルッとする振動が、セダンでは車体手前でほぼ吸収されていたのに対して、こちらはきつくはないにしてもホイールから車体へと伝わり、まず前席乗員足元のフロアあたりへ、そしてそこから前席シート下のフロア、さらにBピラー付け根あたりに振動として伝播していく。さらにその震えはステアリングコラムからステアリングホイールのリムあたりまで伝わってくる。入力周波数(路面エッジの形)によって、それがタイヤを叩いた衝撃だな、という印象を残す、少しビリビリとした感じの振動である。またこの振動は、20km/h以下ではディーゼルエンジンの燃焼と回転に伴う振動とオーバーラップするような感触があった。興味深いのは、この車両は(車体後半部の剛性が低下しがちな)ワゴンボディでありながら、フロントタイヤから前席の足元そしてフロアからBピラー立ち上がりあたりまでの骨格前半部に、ちょっとビリビリとした振動の感触が多いこと。つまり足元からお尻の下にかけての骨格に震えが残り、同じ凹凸がリアタイヤを叩いた時の振動の伝わり方はそれよりも早く消える感じだった。

ただしこの路面の凹凸を踏んだ時にタイヤが周方向に突っ張ったようなイメージのショックが伝わり、そこからビリビリとする振動を体感するのは、20~40+km/hの速度域。車速がもう少し上がると、すなわち60km/h前後になると、タイヤが路面の突起を包み込む感触が前面に出て、そこからケース全体がうまくたわみ、かつ減衰も出しながらホイール、そしてサスペンション、さらに車体へと、ショックの角を丸めていなしつつ伝え、車体には軽い押し上げの動きが最初に入ってくるようなリズムに変わる。

image

走行速度域が高速道路巡航レベルに上がっても、このあたりのショックのいなし方は変わらず、その感触に続いて車体が押し上げられて戻り…という柔らかいリズムで走る。もちろん、タイヤの転動速度が速くなる分だけタイヤから伝わる振動のピッチは早くなるが、突き上げショックのマイルドさや上下の揺れのリズムはほぼ変わらずに維持される。ただし路面によっては、やはり少しビリビリ系の振動がフロア足元からお尻あたりに伝わってきて、気になることはある。そう感じるのは、例えば舗装がひび割れているような、粗くかつ細かいピッチで小さな段差が続くような舗装路面を100~120km/hあたりで走っている状況。また舗装が荒れているところ、それもひび割れ段差が複数続く荒れたサーフェスを40km/h前後の転動速度で通過する瞬間に、前後それぞれの入力伝達に応じてビビリ系の振動が車体の内装材などで発生することがあった。

この、タイヤの「張り」を少しばかりダイレクトに伝えてしまう振動とその時の上下方向の入力伝達が少し尖ることに関して言えば、かなりの部分はタイヤとのマッチングによると考えられる。すなわち、このワゴンボディと足回りに対しては、タイヤのベルトまわりとその直下のカーカスの剛性が少し高すぎる、と言うショック、振動の感触である。同じ508のセダンでは、タイヤの骨格の「強さ」がここまではっきりとは現れていなかった。ということはやはり、ワゴン化された車体の剛性、とくに剛性の連続性や局部的な剛性の低下、それに加えてルーフ前半に大きな開口部を持つサンルーフの存在、それらを合わせたところに現れる車体の振動モード、より具体的にはサスペンション・リンクのピポット、スプリング+ダンパーのピボットという入力部位から車体上屋を構築する「骨」とその間に張られているパネル面、とくにフロア部分に振動が伝わり、それが広がっていく際の局部共振や振動伝達特性が、ビリビリとした震え系の振動を伝播しやすくなっている、ということなのではないかと推察される。