Posted 26 May, 2020

Peugeot 508 Sedan

■1.6 gasoline GT Line

ガソリンエンジン(1.6L+ツインスクロールターボ)仕様のほうは、たしかに「前が軽い」。動き全体に軽快感がある。それは反面で、例えばフロントタイヤが路面のうねり凹凸を乗り越える時、車体前側が持ち上がり、下がり、揺れる動きのピッチがちょっと速くなっていて、ディーゼルのほうがしっとりと落ち着いた揺れ方だな、と思わせる違いとなって現れている。

コーナリングでも、タイヤのケースをねじる”予備舵”を最初に入れ、前荷重を残す中から接地面の摩擦を作るようなステアイン、そこから車両の旋回運動を組み立てるというドライビングができれば、ディーゼルの方がヨーイングがきれいに作れる。ガソリンエンジン搭載車はフロントの軽さによる横運動の反応の速さと、それの応じてリアタイヤの横への踏ん張りが早めに立ち上がってくるという前後グリップバランス。ディーゼルは前輪側からサスペンションの沈み込み、すなわち車体のロールが入りながら、リアがそれに追従するのに比較して、ガソリンは若干フラットにロールが始まるボディ・モーション。などの、おそらくほとんどのドライバーと乗員には感知が難しいような差異によって、ガソリンエンジン搭載仕様はちょっとだけ「ふつう」に感じられるのである。

パワーユニットそのものに関しては、やはりガソリンエンジンでベース排気量が小さめなのが対話の中に現れる。ふつうの走り方であれば必要にして十分、少し深く踏み込んでターボ過給がその効果を発揮して二次曲線的に吸入空気量を増やしてゆくゾーンに入れば「十分」を越えた力感と伸びを味わせてくれる。とはいえ小さなアクセルの動きに対する「力」の反応、何気なくクルマを押してゆく力の厚み感では、やはりディーゼルが一枚上、という感触を味わうことになる。もちろん燃費と燃料費も、だが。

ライド&フットワーク

ここからもう少し細かく実況してみよう。

まず路面のそれほど大きくない段差型の凹凸を踏んだ時のショックピークとタイヤが叩かれる音、それが車体に伝わってくる瞬間からがディーゼル仕様とは少し違い、少し硬い感触で入ってくる。脚の縮み出しのところが少しだけ硬い感触。その後に続く車体側の揺れのリズムも最初の動きが少し速く、とくにフロントは若干ヒクヒクと揺れた後に収束がスッとくる感じの揺れ方をする。ただし路面によっては少し細かく上下揺れが残ることもある。

image

リアからも同様に、乗り上げの最初に若干硬めの上下方向ショックがあり、少しだがブルブルと振動が、あるいは細かな揺れが残留する瞬間がある。どちらももちろん、ダンパーのモードは「ノーマル」で。

もっともこれは微細な差と言え、一般の自動車ライター等が時間を空けて別の機会に乗ったのでは、試乗の記憶を比較チェックできないレベルであろうかと思われる。しかし前述のように私にとっては、けして小さな差異ではない。そもそも最初の広報試乗会でこの仕様に乗った時に、すでに路面からの入力&路面への追従のしっとり感において、あるいはタイヤに荷重を乗せながら旋回系の運動をする時にそのタイヤが路面に微細に食い込みつつしっとりとしたグリップを見せる感触、そこからの回り込み、一定円への収まり…など走りの感触全般について、も少しだけ前の動きが軽くかつ多く、揺れやライントレースの揺らぎが多い、と感じていた。

さらに詳しく文字での再現を試みると…

車体の揺れのピッチが少し速く、かつ微妙に細かな揺れが後に残る傾向があり、かつタイヤの接地ショックが強めに現れる。ここでタイヤと路面凹凸の接触による衝撃は、まず接地面からタイヤ骨格(ケース)のコード(繊維糸)とゴムを伝わってホイールリムへ、そこから車体側へと伝達される訳だが、それと並行してタイヤのトレッドからベルトへ、タイヤ全周へと震え系の振動が広がりつつ転動を続ける。ミシュランのタイヤは最初に述べた縦方向のたわみも、周方向の震えもしなやかな方ではあるのだが。さらにタイヤが凹凸を踏む瞬間は必ずしも接地面全体で、ではなく、その中の細かな場所場所で接地状態に局所的な変動が起こる。これらが重なり合って車両全体の挙動の微妙な揺らぎに現れる。このガソリン仕様では、それがちょっとだけはっきりと感じ取れるのだ。もちろんディーゼル仕様との比較であって、昨今の日本車の「ヒクヒク」「ブルブル」とそれによるタイヤの接地変動がずっと続く走りとは比較にならないほどちゃんとしているのだが。

image

例えば高速道路の直進およびその近傍のライントレースでも、4輪の、とくに左右のタイヤが踏む路面の違いによって接地面がわずかにだがバタバタと動き、それがけして速くはないけれども微妙な車両運動の揺らぎを発生させている。郊外路の、日常的によく現れるようなコーナーとか、市街地で何気なく向きを変えていく、そのターンから戻す、というようなふつうの動きの中でも、ディーゼル仕様ではまったく何も考えず、ステアリングを操作したなりにクルマがしっとりと動いたのに対して、こちらは微妙に操舵・保舵に対してクルマが軽く動き、落ち着きが弱まった感じがする。ということは接地面内の、さらにタイヤ骨格各部の各所にある「ばね系」のどこかが細かくたわみ、戻り、クルマに微妙な上下・横・前後の振動系の揺らぎが現れてくることを意味する。

もちろん基本的な車の素性としてはまったく共通の資質であって、このクルマの良さ、走りの基本的なリズム感が変わるほどのものではない。しかし繰り返すが、ドライバーにとっては、それだけでなく同乗者にとっても、体感する振動、身体の各部を揺らす、あるいは各方向へのG(加速度)変動のパターンが微妙に速く硬くなるので、私としてはこの両者はやっぱり違う、と結論づけざるをえないのである。

ダンパーの効き方、効かせ方

走らせつつる、身体に伝わる路面の感触、車体の細かな揺れなどを味わいつついろいろ考えてみたのだが、この違いはまず第一にクルマの重さ、とくにエンジンを主体とするパワーパッケージの重量が70kgも違う(トランスミッションは同じだが、それを一体にしてエンジンマウント3点で車体に懸架している)ことが主要因であることは間違いない。しかし一般論としては「軽い」方が、旋回に入る横運動の立ち上がり、そこからのヨーイングに対する反応、そしてピッチング系の揺れなどに関しては総じて好ましいはずであり、この508の2車の違いはそれとは逆の傾向である。

ここでダンパーから見ると、路面入力や、その逆方向から入ってくる車体慣性力を受ける。その瞬間にダンパーの動き出しが固い、あるいは止まっていると、そこで車体側の質量が一瞬だがタイヤの接地面に直接伝わり、接地面の荷重が瞬間的に増える。同時に反作用としてタイヤから車体を押し返す動きが、力が発生する。これで脚が動き出すごく最初の一瞬だけ、ショック(力)と音がより強く車体側に発現することになる。こういう微妙な、微小な現象の中の差異であるかと感じられた。

そこで仮説がひとつ。この車にはダンパー筒の外側に別体の積層バルブを備え、ソレノイド(電磁石)でそのプリロードを連続的に、かつ瞬時に変化させる減衰特性可変ダンパーが組み込まれているのはすでに述べたとおり。減衰力を発生させるバルブとオイル経路は、この”外付け”の積層バルブだけでなく、ピストン側にも伸縮それぞれの方向の流れに作用するものが組み込まれているはずである。ここで、伸縮の最初のところで脚を柔らかく動かしたい状況では、外付け可変バルブは解放した状態にし、ピストン側の減衰回路だけにしているはず。このダンパーとしては”ベースライン”の減衰力が、ディーゼル仕様の重いフロント部分の動きを軸に設定されているのではないか。このモデルのフロントの負担重量は、最も重いのがディーゼル+AT、MTだと20〜30kg軽くなる。ガソリン・エンジンはその単体だけで70kgほども重い。シャシー・セッティングとしては、これだけの重量差がある仕様それぞれに対応品かければならないわけだ。現地の、そしてこのクルマの主要仕向地を考えれば、作り手側としては「ディーゼル+MT」をセットアップ作業のメインに据えて進めてきたのではないかと思われる。

image

もちろんストロークが動き出してからの減衰力を刻々どう作ってゆくかは、外付け可変バルブを制御することで調節、対応できる。動き出しの瞬間を”締める”場合もそれで可能(スポーツモード)。でもこのベースラインのダンパーの”仕込み”で決まる、フリクションも含む動き出しの瞬間の減衰力は変わらない。それをディーゼル+MT仕様に撮って最良のセッティングに仕込んであるとすれば、そしていかに「走りの味」にこだわりたいとしても、ダンパーの細部仕様をパワーパッケージ(の重量別)ごとに調達することは今日の自動車産業の中ではまずあり得ないので、トランスミッションの重量が少し増えたディーゼル+AT仕様は何とか良いところに収まった(ミシュラン・パイロットスポーツ4のたわみ&減衰の特性もあって)一方、パワーパッケージ全体でも50kgほどは軽いガソリン+A仕様では少しだけ初期減衰が高すぎる。そういう状態になっているのではないか。

それが路面の細かな凹凸を踏んだ時などにごく初期の脚の動き出しを、とくに縮み始めがほんのちょっと渋くなるために、あるいは遅れるために、タイヤが凹凸を踏んだショック、あるいはクルマが向きを変えようとしている時の荷重移動が少しはっきりとした形で車体側に伝わってくるのではないか。こういう仮説が成り立つ。

もうひとつ、GT-LINEグレードが履くタイヤサイズ、とくにミシュラン・パイロットスポーツ4は、ディーゼル仕様の重量とダンパーを含めたサスペンションの初期ストロークではジャストフィットだったが、このガソリン仕様の初期ストロークの出方、それが若干硬いのに対しては、タイヤの張り少し強く、初期たわみがわずかに硬い感触になる。したがって同じミシュランでもプライマシー4に履き替えれば、このガソリン仕様の印象も相当に変わると思われる。