Posted 26 May, 2020

Peugeot 508 Sedan

■2.0d GT
ラインコントロールのデリカシー

この脚の動き、車体の、キャビンの揺れ方向の快適さ、前述の上下+ピッチングだけでなくロール方向も抑制が効いていて、しかし必要なだけ自然体で動いてくれるのも良い。

…のに対して、ステアリングの感触と保舵・操舵の微小な部分の動きはいささか不満に思うところが少なからずある。クルマ全体の素質としては、直進およびその近傍のライントレースはちゃんとしている。問題はステアリングギヤボックスと電動アシスト、そして何よりもステアリングホイール形状に集約される。

image

つまり総論としては悪くはないのだが、微舵~小舵を入れてゆくところでステアリングホイールからタイヤまでの間に、とくにドライバーの手に近づいてくるところ、すなわちステアリングギアボックスから手元までの間に、邪魔な重さ、粘り、微小な擦れ、あるいは引っかかりとは言えないまでもちょっとだけ柔らかい感触のフリクション的手ごたえなどが、混じりあった形で介在している。そしてステアリングは上下をカットした八角形とでも言うべきひしゃげた形状であって、60度から手を持ち替えて90度、あるいはそれ以上回す時はもちろんだが(この話はまた別途)、5度、10度とあまり大きくない角度で動かす範囲でも違和感が強い。

結局のところ、ステアリングからタイヤに「このくらい動いてね」とデリケートに動き作って伝え、それに対する反応が接地面の中からタイヤを伝わって手にまで戻ってくるのを感じつつ、車両が踏んでゆく路面上の一点をピタリと合わせたいのだが、それが微妙に難しい。機械システムがきれいに作動すれば、いつも同じタイミング、同じリズムでタイヤの反応が現れるはずだが、そこにゆらぎや雑味が混じるので、微細な動きが組み立てにくい。でも、ヒトはそれにも対応し、習熟する。それが可能な範囲の雑味ではある。日本生まれのほとんどのクルマたちよりもだいぶんとましではあるのだが、このクルマの他の資質からすれば贅沢を言いたくなるところなのだ。

まずは相対評価のレベルでも、日本の速度域からフランス中心のヨーロッパの上限速度120〜130km/hのロングクルージングは今、日本で買えるクルマの中では高く評価できるレベルにある。

居住空間レイアウト

ドアを開けてキャビンに落ち着くところまで話を戻そう。

身体に触れる表皮から車体骨格に締結される基部に至る、シート全体としてのクッション性能は期待どおり。表皮はそれなりのテンションがあり、その直下の層の優しい柔らかさ加減、そのさらに奥のスプリング感、それらを受け止める取付部を含む骨格の剛性…いずれも、さすがにフランス流、と言いたくなるまとまり。その先、ボディ骨格の剛性もかなりしっかりしている。硬いボディと言うよりは「鐡」らしいまろやかさを感じさせ、応力の抜けがうまいボディである。ビリビリ系振動の伝達がほぼない。サイドシル、シートレールが固定される梁などの閉断面ビームがしっかりしている感触で、かつ何ともいえないまろやかさがある。ある程度厚みのある軟鋼ならではの柔らかさと減衰、というところに行き着く振動の受け方、伝わり方である。ドイツ的な素材の硬さ、とも違う、素材感と組み方のうまさがブレンドされたもののような印象、とでも言えばいいだろうか。

image

ドライバーズシートに座って周りを見回すと、フロントウインドウがかなり寝ていることもあり、日本人の足の長さと座高だと、フロントウインドウ上端から天井にかけてが若干頭に近い、が、収まりとしては全く問題がない。その空間は、まず4人の大人を心地よく座らせた外側に、室内壁面を張り、その外側にエクステリアの造形を肉付けしてゆく…という、本来あるべきデザインの手順を久々にちゃんと展開した、その「繭」の核部分に収まっている、という印象。すなわち着座姿勢としてはスタンダードな4ドアセダンのポジション。少しヒップポイントが低めで、そこに若干後傾させた角度に落ち着く骨盤、そこから脚、足まで下半身をリラックスさせた状態で収まる。一方、上半身は、骨盤から立ち上がる脊柱、肋骨下部あたりを、ちょうどよくコンケーブしたシートバックが支える。これが定番であるべきシーティング・レイアウト。

そのシート単体についてもう少し補足。シートバック左右の張り出しの方の部分がうまく骨盤の後両側・大腿骨上部関節が入り込む関節部後ろ側のところを左右方向に押さえてくれる。これによって横Gが加わった状態でのサポートがちゃんと出る。このあたりの作りはさすがにうまい。

リアシートも、クッション性としっかり感のバランスが良く、多少凹凸のある路面、とくに、平滑に加工されすぎていない自然な形が残る路床の上に作られた舗装面、つまりはフランスの道によくあるうねりを踏んで上下に揺れながらロングツーリングする、そんな走り方にとくに適した「座り方デザイン」である。