Posted 21 May, 2020

Jeep Wrangler Unlimited 3.6L

ライド・コンフォート

さて、走り始め・語り始めはいつものように揺れのリズムから。まずはセレクティブ4WDモードが「2H」で走る。

フロント、リアそれぞれのアクスル(車軸)の両端を軸に回転するタイヤが路面をトレースし、アクスルが前後それぞれに一体で動く。その上でボディがばねを介して押し上げられ、あるいは下がり、揺れる。そこから始まって、今日の乗用車のほとんどを占める、前軸だけであっても独立サスペンションを持つ他のクルマたちとは異なる揺れ方を生んでいる。

image

まず前軸の左右どちらかが路面のアンジュレーションを踏むと、アクスル全体が傾く(正面から見て一方が上がり/一方が下がる)。その動きに応じてばねを介して動きが柔らかくなりつつ、車体左右どちらかが上がる、あるいは下がる動きでロールする。続いて後軸が同じアンジュレーションを踏む。すると同じようにアクスルの傾きと車体後部のロールが発生し、この動きの中から車両4コーナー各部でサス(ばね+ダンパー)の伸び縮みが起こる。これがどう連続するか、その動きの組み合わせで、車体がロールとピッチが連成した揺れを起こすのだが、このラングラー・LWB(Long WheelBase)仕様はピッチング方向の揺れが出ることは出るのだが、全般にフラットなライド・フィール。ここでホイールベースが長いことが効いているのは間違いない。ショート・ホイールベース・バージョン(SPORT=日本向けは受注生産とのこと)ではもうちょっとピッチ方向の揺れが出て、その周期も少し速くなるかも。でもこの、前後車軸がそれぞれに角度を変える中で、その動きの少し上に座る人間にとって、ちょっとねじられるようにして揺れる感覚は、リジッドアクスルならでは。

アクスルと車体をつなぐのがラテラルリンクで、相対ストロークが出るとそのリンク先端が円軌跡を描くゆえの横変位(ラテラルリンク水平状態からの角度θにおける初期状態からのcosθ減少分×リンク長さで表される寸法)ゆえの小さな横揺れが入ってくることも時々あるが、すぐに慣れてこれも許容範囲。ただ、車高を変えるとこのラテラルリンク先端が描く弧が傾き、ストロークした時の横変位、すなわち車体とアクスルの間で横に押す動きが大きく、強くなるので、下手な改造は要注意。これは、リジッドアクスルの横方向の位置決めをラテラルリンク1本で行う構成ならば必ず発生する事象であって、それを最小限に抑えるために、まずラテラルリンクを長く、そして1g荷重・水平状態でこのリンクも水平になるようにアライメントする。この種のサスペンション機構のクルマのジオメトリーを確認する時は、この基本を見逃さないこと。

適度に“ゆるめ”の柔らかい動き、すなわちちょっと低めのばね上共振周波数近辺の「波」を感じさせる車体の上下揺れに関しては、まずフロント、そこからリアと、持ち上げ/落ち込みの入力が続いて入ってきて、ボディは少しゆっくりめの周波数で上下に動くわけだが、その「波」が、上がってスッと落ち、その底でちょっと落ち着いてまた、次の上がる動きに入る…という、自然界の、例えば水面に現れる「孤立波」に近い揺れに感じられた。ちょっと専門的に言うと、単純なサインカーブ(円を描く運動を時間軸方向に伸ばした曲線)ではなく楕円関数のCn系かと。そういう波形の動きがリズミカルに続くので、キャビンの中に座る人間には不快感がほとんどない。

image

ただ、中高速で路面のうねりが連続する、などの状況ではリアの上下動が少し残り気味になる瞬間があった。これには、リアアクスルのダンパーがかなり大きく後傾していることが影響している可能性が高い。つまり沈み方向のストロークでは、次第にダンパーの傾角が大きくなってゆき、車輪-車体の相対運動量よりもダンパーが縮む動きが少なくなって、ストローク量あたりで見ると減衰力が漸減する、ということ。とはいえダンパーそのものが太く(前後とも)、ピストン面積が広いはずで、そうであれば小さなストロークでもちゃんと減衰が得られるので、ほとんどの状況で取り付け角度による弱点は現れずに済んでいる。でも、自動車設計者としてはもう少しダンパーをどう動かすか、その大切さを理解していてほしいところだ。

もちろん、車体の形状からしても高速道路ではウィンドノイズ、まさに「風切り音」があちこちに発生し、エンジン音、タイヤの転動にともなう音などもあるがままに伝わってはくるが、走っているクルマとしてはそれが当たり前のことで、これまた不快には感じない。しかも人間の声の周波数とは違うところの音が多いようで、例えばオーディオからのアナウンスや歌唱の声はこれら走行音の中を抜けてきて、ちゃんと聞こえる。

中高速域になると、タイヤが路面の凹凸に当たった時、さすがにその太さと重さからそれなりのショックは発生するが、まずそのショックピークがかなり丸く、ゴトッ、ドタッ系の音もその瞬間には発生するが、ほとんどの状況でその振動がスッと一発で収束し、雑振動として残留することがなく、雑味はない。低速になるとそれなりにゴワゴワしてくる。

しかしいずれにしても「タイヤが、今そこにある路面を“踏んで”走っている」という感覚であり、路面の凹凸を踏んだことによるショックとその伝わり方、もう少し緩やかなアンジュレーションを踏んでいく時の車体の上下揺れ、これらが「あるがまま」、つまり自然なリズムと収まりなので、「ラフだ」「雑だ」とか「うるさい」という感想がほとんど浮かんでこない。そういう稀なタイプである。いや、“良き”アメリカンには以前から、こうした素質のクルマがいくつもある。