Posted 21 Nov, 2019

Renault Kadjar

ステアリングの中立付近の動き出しの粘り感と重さのためもあり、直進保持は一見良さそうに見えて、路面のアンジュレーションを踏むとフロント、リアともに接地面荷重が細かく変動し、横方向への動きとロールの動きが同時に現れ、ラインがずれることがしばしばある。この動きに対して、微小舵を当てて進路をコントロールするのが遅れ気味になる。

日産に比べるとリアのトーイン量はあまり多くないようではあるが、定常旋回に持ち込むときのヨーイングの現れ方、その先で一定Rに乗っていく動きなどは、最近の“良き”ルノーらしくない。ややぎくしゃくとした動きであり、一定円を描こうとすると外に膨らもうとする傾向がある。いわゆるアンダーステアであるが、これはタイヤの動的なアライメント変化によるところが大きいものと考えられる。

image
パワーパッケージ

エンジンはダウンサイジング・ターボであって排気量は1.2Lしかないけれど、アクセルペダルを深く踏み込んだところで過給効果が強まり、けっこう元気の良い加速をみせる。その一方で、一般的なアクセルペダル・ストロークの範囲では比較的おっとりとして、トルクの立ち上がりも緩やか。柔らかく、でも踏み込みには応えるので、コントロールはしやすい。ややトルク不足の感じもしないでは無いが、逆に過給効果の急激な立ち上がりはほとんど現れない。

タービンが回転しているコンプレッサー・サージ系の「ピュー」音は、少し深めに踏み込んで維持/戻したときなどに聞こえるが、過給エンジンとしての嫌味はほとんどない。

image
燃費はこのボディに対して日本の高速道路の巡航を主にした走行で13km/L程度であり、比較的良好(ガソリンエンジン搭載車としては)と判断できる。

エクストレイルに対するアドバンテージとしては、ステップAT(7速DCT)であることも挙げられる。発進、変速の感触としては、駆動変化の角を丸めたトルコンAT寄りだが、エンジンと直結で駆動が伝わるだけでも、当たり前の感覚になる。軽い加速の状況から、回転が上がり次のギアへとシフトしてエンジンのサウンドと振動が伸び、落ちてまた伸び、スムーズな変速、速度とエンジン回転のつながりなど、ドライビングのリズムが作りやすい。

高速道路巡航でもほぼ直結であって、アクセルペダルを踏み込むとトルクの上昇がおっとりしているのと合わせて、速度管理はエクストレイルよりもはるかにやりやすい。おそらく燃費も一段と良いはずである。とは言え、アクセル・レスポンスはもう少しはっきりとしたトルク増減として現れたほうが好ましい。