Posted 21 Nov, 2019

Renault Kadjar

フットワーク

日産もコモンモジュールファミリー(CMF)で構築された骨格。つまりエクストレイルと共通の基本設計だが、ルノーとしては欧州試乗に出ているキャシュカイとの共通性が高いと説明しているとのこと。もちろん、細かいところを見たり味付けを確認してゆくと、やはりルノー側でけっこう手を入れた印象はある。しかし素性はどうしても現れる。

まず、クルマの動き全体にぎくしゃくした部分が多い。

最も気になるのはステアリング。スピードが上がってきたところで中立付近に固着するような重さが出る。切り始めの所のねじれが非常に小さく、その先で急に重くなり、その壁を越えて舵の動き始めのところから粘るような弾性感触が加わり、タイヤの動き出しが作りにくい。

メーター読み70km/h、100km/hを境に中立まわりに「締める」手ごたえがステップ状に強くなり、100km/h〜ではすごく「固まる」感触。これで直進安定(手ばなし、あるいはドライバー側のふらつき抑制)を作るという面もあるのだが、それは「直進する」という走りの中身を理解していない論理。

低速側ではアシスト量も全体に多めで、ふつうのEPS。アシストモーター〜その先のギアの噛み合いの雑な感触とはついて回る。

image

タイヤが245/45サイズと言うこともあり、路面凹凸への当たりはかなり固め。まずフロントが持ち上げられ、突起乗り越えに際しては、フロント浮き上がりに伴ってリアが若干沈み気味になり、次にフロントが落ち、リアが突起に当たって持ち上がり、さらにまた沈み込み、戻る、と続く。このピッチングを伴なう揺れ方がギクシャクしている。動きをフワフワさせないように、ダンパーで締めて押さえ、一見「しっかりした脚」と感じさせるように仕立ててはいるが…。苦労の跡がうかがえる。

ダンパーの動き出しはルノーらしくスムーズにしようとした動きが出ている。しかしヒクヒクとした揺れ方をすることが多いし、左右輪がそれぞれ違った路面凹凸に乗り上げた時は、ロール方向の揺れがはっきり現れてしまうなど、CMFそのものの癖はどうしても消せない。

リアのトレーニングアームのピボットをフロア直下面に張り出す形でボルトオンしただけの、このモジュールの設計(明らかに失敗)ゆえ、ピッチング系の揺れを押さえられない。エクストレイルのようにフニャフニャした動きではないが、このサスペンションそのものの素性を修正することは、いかにルノーの開発部隊であっても困難だったと思われる。とはいえ、入力点のブッシュ、ブラケットの剛性など、エクストレイルに比べるとかなり手を入れているし、そうでなければここまでまとめることはできない。