Posted 21 Nov, 2019

VolksWagen e-Golf

タイヤを指示するハブの回転、その異様なほどの滑らかさと正確さ

路面が平滑であれば、あるいは多少の細かな凹凸を含む程度であれば、タイヤのベルトまわり(周方向)、さらにケースが一瞬ブルブルする感触が伝わってくることはままあるものの、車輪としての回転は異常なほど滑らか「回って」「転がってゆく」と感じられる。すなわちハブ(シャフト)とホイールが一体になって、ハブベアリングが正確に転動している感触そのままに、極めて滑らかに回転している。機械製品としてはある種、異様とも感じられるほどの回転の滑らかさである。とくにドライバーとしては、足元、そしてステアリングホイールに伝わってくる諸振動の中に、タイヤが路面の細かな凹凸を踏んで生じるショックがハブまわりに雑振動、回転のふらつき等を発生させる感触がほとんどない。最近の、転動時の摩擦損失低減に意を注ぐ日本車では、同じ状況で細かなザラつき、車輪回転のムラ、ごく細かなタイヤの振れ回りなどが絶えず体感されるが、それらに比べて圧倒的に滑らかである。

image
同時にこのe-Golfを走らせる中では、ある程度舵を切って旋回している状況で、とくに外側輪が凹凸を踏んだ瞬間、あるいは路面状態の変化があり、あるいはうねりやその他様々な状況をタイヤが踏んだ時に、タイヤがその路面を踏み越え、サスペンションが伸縮する感触はあるが、タイヤの転動と位置決めにふらつきがほとんど現れない。ここでも昨今の日本の軽自動車、一般乗用車は路面からタイヤへの入力、タイヤ変形以外の雑味、雑振動、雑なふらつき、転がるラインのずれなどが、往々にして発生するのだが、このクルマはそれがほとんど起こらない。

この滑らかさの要因の一つは、車輪保持回転部分すなわちハブまわりの回転要素、その支持構造の剛性が高く、かつ真円度を含む寸法精度が高いことによって、車輪~駆動系がスルスルときれいに回転していることによると思われる。ある種、回転感触の中に回転体とその支持構造の共振周波数の高さなどまで含まれている感触がある。また、回転運動だけでなく、その転動の中で接触・摩擦を続ける部分の接触面が平滑であることをイメージさせる感触までが入っているように感じられる。このクルマが体感させる「転がり感」の良さ、例えば駆動オフで車速が伸びる感覚や、車輪がムラやざらつきごく少なく転動している感触などは、「スムーズ」という言葉だけでは表現しきれない。この転動感覚こそ、日本車の全てとのすべてとの決定的な差である。かつ、同じドイツ系であってもこれだけの感触はちょっと体験したことがないかと思われる。

image
ステアリングについても、通常のゴルフと比べても、EPSとしては素直な反力が伝わり、なおかつ雑味、雑振動、路面のザラザラ感などが、うまく角を丸められて不快感なく、しかし何を踏んだかがわかる感じで伝わってくる。ウエット路面になって水を踏んでいる感触もわかるあたり、基本となる機械系は変わっていないはずなので、制御が改善された可能性がある。あるいは、雑振動と感じるものが少ないのは、エンジン+トランスミッション、とくにエンジンの振動が存在せず、ステアリング系に乗ってくる振動そのものが格段に少ないことによると考えられる。

総として、非常に特徴的な(電動車両、そしてタイヤを転動させつつ走る”クルマ”のエンジニアリングを理解したうえで体験すると、という前提で)、しかし普遍的な「良いクルマ」としての動きをする。その実感がとても高い、しかしそれらの感触がどのようにしてつくり出されているかに思いを巡らすほどに、彼我の実力が刻々と、そしてどれほど大きなさに開きつつあるかに呆然とする、そういう存在である。

WORD : 両角岳彦