Posted 21 Nov, 2019

VolksWagen e-Golf

ライド・コンフォート

タイヤが路面の凹凸に当たったときには、タイヤそのものの接地面の硬さを感じさせるコツンと言う最初の当たりはあるが、そこから非常にうまくショックを受け流す。特に60km/hあるいはそれ以上、日本の高速道路の速度域になると、タイヤが路面凹凸を踏む感触は伝わるが、そこに突き上げ系の硬さが混じらず、路面凹凸通過を不快な振動として感じることはほとんどなくなる。この状況では、路面の凹凸が持つ形状をむしろ滑らかにしたような印象の、スムーズな上下の揺れが続く。ある意味、ヌルッとした転がり感の中で車室側が柔らかく上下する感触となる。

もう少し細かく、路面の凹凸、とくに段差や突起にタイヤのトレッド面が当たった時の感触(一般路の速度域)を観察すると、タイヤのベルトまわりの突っ張り感、気柱振動などを一瞬感じさせるが、そこから前輪側がタイヤからサスペンションへと、非常になめらかに突起を乗り越え、その後で後輪側が柔らかく、しなやかさを持って通過し、そこからサスペンションが少し深めに上下ストロークを起こす。これがこのクルマの基本的な揺れのリズムになっている。

image
全体として上下の揺れはゆっくりしていて、かつ収まりもスムーズ。無駄な動きを残さない傾向にある。ただし車両の後半部、とくにリアフロアあたりに電池の重さを感じることがままある。すなわち、一度スッと沈み込む小さな動きが出たところから伸びに転じ、その動きがちょっと尾を引いて、揺れの収束がわずかに遅れることがある。一般的にはふわりと上下動する感触なのだが、その「ふわり」に余韻が残る、というところか。

この感触をもう少し詳細に言うと、路面のうねりを通過する時に、あまり振幅が大きくないうねりであれば、フロントがスムーズに上がって、戻ってきて、収まるのに続いて、リアはフラットな姿勢を保ちつつ一瞬遅れて上下動しながら収まる。全体に非常に柔らかく滑らかに感じる揺れ。ここでうねりが深めになり、ちょっと大きめの上下動が起こる状況では、リアが少し深く沈み込む瞬間があり、そこからの戻りの動きがややゆっくりしている中から、上下動が若干残留する瞬間がある。これは路面が深いうねり状になっているところで起こりやすい。

少し速い車線変更などでリアのロールが若干遅れてくる印象を受ける瞬間もたまにだがあった。これらを総合した時、やはり後席座面下あたりから荷室フロアにかけて電池が多く積載され、その重量がリア・サスペンションが車体側の質量を受け止める中で影響を与えているものと推測される。

その一瞬を除けば、車体の揺れのリズムはちょうどよくゆったりと、そしてここでも滑らかな動きを持つクルマである。

タイヤはもちろん低転がり抵抗仕様なので、このタイヤ&BS独特のトレッド面のドタドタ感、ケース全体のブルブル感、たわみ系振動の収まりの悪さなどは避けられない。車室で体感する振動の中にそれが混じってくることはやむを得ないが、転がり、乗り越え時のショックピークなどは極めてスムーズである。というよりも、一瞬の凹凸乗り越えショックの後は極めて滑らかに走る。ショックをいなせない状況でこのタイヤの嫌味が一瞬だけ伝わってくるが、それがすぐ消える。ブリヂストンのタイヤの癖ともいえる雑振動がこれほどあっさり消える車も、また珍しい。

ちなみに今回装置していたタイヤは日本製ではなく、ポーランド製であった。ブリヂストンとしては転がりがスムーズ、路面当たりもマイルド、しかもそこからのケースの減衰も悪くない感触で、タイヤ特性そのものが異なる可能性も高い。日本のOE仕様、アフターマーケット仕様とはどう違うのか、非常に興味のあるところ。