Posted 24 Jun, 2020

Peugeot 508SW

走行モード切替・可変ダンパー

この車両にはスポーツ、ノーマル、コンフォート、エコと言う4つのモードが走行モードが組み込まれていて、その中でノーマルを軸にコンフォートとスポーツは、KYB Franceが開発、プジョーと共同チューニングを行った減衰特性可変ダンパーのセッティング、制御を変更する。このダンパーについてはセダンのレポートでも紹介した。

ここまでのライド・フィールのインプレッションは基本的に「ノーマル」でのものである。とはいえ、三重筒方式に外通路の減衰力発生バルブ+ソレノイドによるプリロード制御を組み合わせたダンパーとして、伸縮周波数の高いところまで連続的な制御が可能なので、それを活かして、「スポーツ」でも「コンフォート」でも極端に脚の動き方、車体の揺れのリズムやそこに現れる特性が変わるわけではない。

image

もちろん「スポーツ」にすると、ダンパーの動き出しの部分がけっこう締まり、それぞれのタイヤが路面の凹凸に乗った瞬間の車体の上下動、とくに押し上げの動きがはっきりと強くなる。戻りも早い。そしてタイヤが路面で叩かれたときの「ドタンッ」というショックも少し強くなる。これを「締まった脚」と感じるドライバーも多そうだが、逆に少し硬い、という印象にもつながる。しかし、中長周期の揺れに対しては、動きを押さえようとする締まり感は強まるものの、ということは、あのはんなりとした感じは薄らぐものの、おっとりとした揺れのリズムは残り、タイヤのケースの縦たわみとの相性も、これはこれで悪くない。

「コンフォート」にすると、これは逆に動き出した瞬間から、減衰を発生する積層バルブを押さえにゆくのを少し控えている感じで、路面の凹凸を踏み越えた瞬間の最初の車体の上下動に、少しふわりと浮く感じが出る。浮き上がって戻り、そのまま落ち込んでいって、そこから車体の動きが収まりつつまた上がってくる瞬間なども、全体にふわりとしてくる。ただし微妙な差。とはいえとくに車体が持ち上がって落ちてくる瞬間など、少し浮いた感じが出たところから下降に入るので、わずかながらジェットコースター感覚が入ってくる。

image

「スポーツ」ではもちろんお定まりのこととして、EPSのモーターによるアシスト量を減らし、ステアリングの操作力をかなり重くする。とくに中立あたりからの動かし始めでは、固着する感触がもともとあるのも加わって、かなりステアリングを重く感じさせる。これはあまり褒められたものではない。そもそもステアリングホイールが円からかけ離れた異形であって、しかも中立・直進状態でも左右径(手の幅)が小さいし、そこから90°回転すると、直進時にステアリングリムの上からメーターを見るために上下寸法を縮めてある、その短径側を握ることになり、違和感がさらに高まるとともに、回転の「腕」が急に短くなるわけで、この車で電動パワーステアリングのアシスト量をあまり落とすのはお勧めできない。もちろんアシストしすぎるのもよろしくない。「コンフォート」は市街地常用速度域ではその傾向になる。さらにステアリング機構と電動アシスト機構の基本的なメカニズム精度もあまり高くない感触(ジェイテクト・フランス製のはず。もっと高精度なユニットも求めればあるはずだが)。そして電動アシストの制御の付け方がこれまであまり上手ではなかったプジョー系としては、まぁだいぶうまくはなったものの、まだまだ電動パーステアリングについては課題が残る。

というわけで、このクルマの場合も走らせるほとんどの状況において「ノーマル」だけで十分。ハンドリングでも、「ノーマル」でこの車が走るほとんどの道路ではロールの現れ方、そこからのタイヤへの荷重の乗り方、そして旋回、そこからの切り返しの動きなどむしろ「ちょうど良い」。